投資家の皆様へ

経営方針

IR(投資家向け広報活動)について

1IRの方針
  • 当社は、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上のためには、株主と積極的な対話を行い、株主の意見や要望を経営に反映させ、株主とともに当社を成長させていくことが重要であると考えています。
  • 当社は、誠実・公平・タイムリーな情報開示により、株主・投資家等を含めたステークホルダーの皆様への説明責任を充分に果たし、長期的な信頼関係を構築すること、ならびに、単なる情報提供活動に留まらず、IR活動を通じて得られたステークホルダーの皆様のご意見を経営改善に活かすことをIR活動の基本方針としています。
  • 上記IR活動の目的を達成するためには、資本市場参加者(株主、投資家、証券アナリストなど)に対し、経営戦略や事業方針について充分な情報を提供することが必要であると考えています。そのため、当社は、決算説明会やミーティングなどの場を充実させ、積極的なIR活動を行っていきます。
  • 当社のIR活動は、代表取締役社長を最高責任者とし、経営戦略本部管掌取締役をIR担当役員として行います。担当部である経営企画部は、グループ各社及び経理部・総務部ほか関連部署から情報を収集し、IR活動を企画、推進します。
  • 当社は、株主・投資家との対話の機会を充実させるため、アナリスト、機関投資家、報道機関を対象とした決算説明会や、個人投資家を対象とした会社説明会を実施します。また、ウェブサイトを通じて、当社の業績、事業内容、経営内容等をわかりやすくタイムリーに公表します。
  • 株主・投資家との対話内容は、取締役会にて定期的にフィードバックを行います。
  • 当社は、株主・投資家との対話において、インサイダー情報(未公表の重要事実)を伝達することのないよう情報管理に充分留意します。また、アナリスト、機関投資家、並びに、株主総会・決算説明会等に参加された株主・投資家等との対話において、フェア・ディスクロージャー・ルールに基づく重要情報(未公開の確定的な情報であって、株価に重要な影響を及ぼす蓋然性がある情報)を伝達したと思われる場合には、適宜適切にウェブサイト等にて公表します。なお、四半期ごとの決算期末翌日から決算開示日までは、決算情報に関する対話を控える「沈黙期間」とします。
2情報開示の基準

当社は、当社が上場している東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って、ディスクロージャー(情報開示)を行っています。また、秘密情報を除き、顧客・取引先・従業員・株主・投資家等の皆様が必要としている情報を適時かつ正確に開示することで、経営の公正と透明性を維持します。

3情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム「TD-NET」にて公開しています。また、当社は本ウェブサイトを株主・投資家の皆様に対する重要な情報源の一つと考えており、速やかに掲載することとしています。

4将来の見通し

当社では、当社が株式上場している証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、決算説明会やアナリストミーティング、ウェブサイト掲載内容等における質疑応答には、計画・見通し・戦略が含まれる場合がありますが、それらの情報は作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでおり、実際の成果や業績は見通しとは異なる可能性があることをご承知おきください。

5沈黙期間

当社では、決算(中間及び四半期も含む)情報に関して、公表前の漏洩を防ぎ公平性を確保する観点から沈黙期間を設けています。具体的には、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを一切差し控えることとしています。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合においては、開示規則に従い適時公表することとしています。

6本ウェブサイトの位置付け

本ウェブサイトは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方を対象に開かれています。情報の公開後には、出来るだけ速やかに開示情報を掲載していますが、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、本ウェブサイトにおける情報開示は、あくまで補助的なものと位置付けています。また、本ウェブサイトには当社が開示しているすべての情報が掲載されていない場合、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合等があります。本ウェブサイトの閲覧にあたりましては、これらを十分にご理解いただいた上でご利用いただきますようお願いします。

7その他

本ウェブサイト上での当社情報の検索にあたりましては、別途掲載している「ご利用にあたって」も合わせてご参照ください。