投資家の皆様へ

トップメッセージ

 当第3四半期連結累計期間における業績は、主力事業である医薬品等ネットワーク事業及び調剤薬局事業が堅調に推移したことから、売上高は47,782百万円(前年同期比18.1%増)となりました。利益面につきましては、調剤薬局事業において処方箋応需枚数・処方箋単価が順調に推移したことから、営業利益2,016百万円(同36.6%増)、経常利益1,992百万円(同44.5%増)、四半期純利益822百万円(同41.4%増)となりました。当第3四半期までに13店舗の新規出店、45店舗のM&Aを行った結果、2013年12月31日現在の店舗数は324店舗となりました。医薬品ネットワーク加盟件数は、1,151件(自社調剤薬局を含む、前連結会計年度末比118件増)となりました。
 当社グループは、昨年11月に福岡県を中心に35店舗の調剤薬局を展開している株式会社トータル・メディカルサービスの普通株式を公開買付けにより取得しました。これにより、当社グループ薬局の拠点数が少なく、重点強化地域としていた九州エリアでのドミナント形成が大きく進展しました。また、従業員の方々が皆さん明るく前向きで、経営統合作業は予想以上に順調に進んでおり、同社を中心として九州エリアの拡充を図る手ごたえを感じています。
 本年4月には薬価・調剤報酬改定に加え、消費税改定が行われます。地域薬局としての社会的使命をしっかり果たしていきたいと考えておりますので、今後ともご支援下さいますよう、お願い申し上げます。

2014年3月3日田尻 稲雄

これまでのトップメッセージ