投資家の皆様へ

トップメッセージ

 当第2四半期業績は、既存店の売上が前期比+7.3%と好調に推移したことに加え、7店舗を新規出店するとともにM&Aにより8店舗を取得したことにより、売上高は30,438百万円(前年同期比16.9%増)となりました。利益面につきましては、既存店好調に加え、株式給付信託(J-ESOP)の導入コストがなくなったことや、グループ会社の吸収合併(4社)による間接部門のスリム化等により、営業利益1,207百万円(同66.8%増)、経常利益1,172百万円(同79.1%増)、四半期純利益433百万円(同68.0%増)となり、大幅な増収増益を達成することが出来ました。2013年9月30日現在の医薬品ネットワーク加盟件数は、調剤薬局1,058店舗、27病・医院の合計1,085件(前連結会計年度末比52件増)、当社グループ運営の調剤薬局は282店舗となりました。
 また、医療と介護の複合型施設として2013年5月にサービス付き高齢者向け住宅「ウィステリア清田」(札幌市清田区) を開業しております。
 9月27日に公表しましたとおり、当社は九州・四国で35店舗を展開する株式会社トータル・メディカルサービスへの公開買付けを行っております。課題であった九州エリアでのドミナント構築が可能になる絶好の機会であり、今後、急速に進むと見られる業界再編におけるメインプレーヤーとして、更に全国展開を加速していきたいと考えております。 今後ともご支援くださいますよう、お願い申し上げます。

2013年11月27日田尻 稲雄

これまでのトップメッセージ