よくあるご質問

よくあるご質問

  • 当社は、医薬品業界に携わっていた田尻稲雄(現代表取締役社長)、沖中恭幸(現取締役相談役)、秋野治郎(現代表取締役副社長)を中心に設立されました。当社設立前、田尻は医薬品卸であるメディカル山形薬品株式会社代表取締役社長として、沖中は調剤薬局及び医・病院等の医療機関向け事務処理コンピュータシステムの開発・販売を行っていた有限会社システム・フォー代表取締役として、また秋野は調剤薬局を経営する有限会社一の秋野代表取締役として、それぞれ医薬品業界に携わっておりました。
    田尻、沖中、秋野はともに、医薬品流通過程の合理化の必要性を認識し、北海道内の調剤薬局経営者及び薬剤師等を交え、具体的な合理化策の検討を始め、その一つの手段として医薬品卸と調剤薬局等との医薬品受発注を通信ネットワークで結びつける事業のビジネスモデルを発案しました。このビジネスモデルを実現し、医薬品流通のイノベーションを起こすことで、諸外国に比べ数段高い医薬品流通コストを削減することが使命と考え、創業に至りました。
    医療に関する情報、人、物の流れを円滑にし、医療に関わる各主体の連携、協力の輪を広げ、地域住民が健康的な生活をおくれるよう環境の充実を図ること(地域住民のQOLの向上)を創業の精神としております。

  • 当社の子会社としては、調剤薬局運営会社7社、医薬品関連データ解析・書籍出版事業を営む株式会社北海道医薬総合研究所があります。また、給食事業は調剤薬局運営会社である株式会社トータル・メディカルサービスのフードサービス事業部のほか、同社子会社の株式会社さくらフーズ、九州医療食株式会社が運営しており、訪問看護事業は株式会社ひまわり看護ステーションが運営しております。
    その他の子会社に阪神調剤ホールディング株式会社との共同出資会社(出資比率:当社グループ 50%、阪神調剤HD 50%)である株式会社H&Mがあります。
    詳しくは、【グループ概要図】をご覧ください。

  • 調剤薬局等と医薬品卸会社との間の医薬品売買の仲立ちをすることにより、医薬品流通過程の効率化を支援する事業です。いわゆる「共同購入」のようなバイイングパワーによるものではなく、支払いサイトの短縮やEOS発注率を向上させることなどで卸会社側にメリットを与えることにより、仕入価格を抑える仕組みです。当社の「医薬品ネットワーク事業」は、国内では他に類を見ないビジネスモデルであります。詳しくは「事業内容」の【医薬品等ネットワーク事業】をご覧ください。

  • 医薬品ネットワーク事業は、発注システムの提供に留まらず、価格交渉の代行、不動在庫の消化、薬剤師教育、調剤報酬債権流動化による資金調達等、調剤薬局が抱える様々な経営課題を解決するサービスを提供しています。発注システムだけであれば医薬品卸会社も提供していますし、薬剤師教育を専門に手掛ける事業者や、調剤報酬債権流動化による資金調達支援を行う事業者も存在します。しかし、これらを一つのパッケージとしてビジネスモデルにまで昇華させているのは当社のみであり、医薬品卸、調剤薬局、調剤システム、すべての業界に精通し、深い知見を有する当社だからこそ提供できる事業だと考えております。

  • 2002年3月18日大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現JASDAQ)に上場、2008年9月12日東京証券取引所市場第二部に上場しました。株式売買の取引集約及び重複上場に伴う管理業務、管理コストの軽減を図ることを目的として、2008年11月6日に大阪証券取引所 ヘラクレス市場(現JASDAQ)の上場を廃止しました。
    2010年6月8日東京証券取引所市場第一部に指定されました。

  • 【4350】です。

  • 【メディシス】です。

  • 100株単位です。

  • 4月1日から3月31日を事業年度とし、事業年度末である3月31日を決算期としております。

  • 2017年3月31日現在実施しておりませんが、今後の株主様への利益還元策の一つとして検討いたします。現時点では、配当による利益還元を第一に考えております。

  • 財務体質の強化、事業規模の拡大、人材育成等のために必要な内部留保を確保しつつ、業績に見合った形で株主の皆様に安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。
    過去の配当につきましては、「株主・配当金について」をご覧ください。

  • 2012年3月2日開催の当社取締役会決議により、2012年4月1日をもって当社普通株式1株を2株に分割し、さらに2012年5月2日開催の取締役会決議により、2012年6月1日をもって当社普通株式1株を2株に分割しました。

  • 第19期(平成29年3月期)の定時株主総会は、札幌において6月23日に開催しました。

  • 1948年北海道生まれ。医薬品卸会社の一の山形薬業株式会社、メディカル山形薬品株式会社で営業に従事し、1989年にメディカル山形薬品株式会社の代表取締役に就任。1991年には株式会社秋山愛生舘(1998年株式会社スズケンと合併)の社外取締役に就任(1994年退任)。こうした医薬品業界のキャリアに加え、2000年には社会福祉法人ノマド福祉会の理事長に就任。医療・福祉の業界に造詣が深く、幅広い人脈を有しております。