SEARCH

沿革

1999 9

札幌市中央区に医療機関の業務合理化、医薬品流通の効率化を目的として株式会社メディカルシステムネットワーク(資本金10百万円)を設立

1999 11

「医薬品情報システム」が完成、医薬品システム関連業務を開始

1999 12

FAXによる医薬品売買仲立ちを開始

2000 1

債権流動化サポート業務開始

2000 4

医薬品ネットワークシステム(O/E system)が完成、稼動開始

2001 3

有限会社システム・フォー(後に株式会社システム・フォー)を子会社化

2001 7

株式会社システム・フォーを株式交換にて100%子会社化

2002 3

大阪証券取引所 ナスダック・ジャパン市場(現JASDAQ)上場

2002 12

株式会社ファーマホールディング及び株式会社日本レーベンの株式を100%取得し子会社化

2005 2

三井物産株式会社と共同出資にて株式会社エムエムネット(資本金200百万円、当社51%保有)を設立

2005 10

株式会社ファーマホールディングが株式会社サンメディック(現株式会社なの花東日本)の株式を100%取得し子会社化

株式会社ファーマホールディングが株式会社阪急共栄ファーマシー(現株式会社なの花西日本)の株式を100%取得し子会社化

2007 1

有限会社シー・アール・メディカル(現株式会社なの花中部)の出資口を100%取得し子会社化

2007 3

株式会社北海道ハイクリップス(後に商号変更し株式会社エスエムオーメディシス)の株式を100%取得し子会社化

2008 9

東京証券取引所 市場第二部上場

2008 11

大阪証券取引所 ニッポン・ニュー・マーケット「ヘラクレス」市場(現JASDAQ)上場廃止

2010 6

東京証券取引所 市場第一部指定

2012 11

株式会社阪神調剤薬局(※)と業務提携
(※)2012年12月に阪神調剤ホールディング株式会社が設立され、株式会社阪神調剤薬局が同社の完全子会社となったことに伴い、本業務提携は同社との提携に切替

2013 5

株式会社ファミリーマートと業務提携

三井物産株式会社との資本業務提携解消に伴い、株式会社エムエムネットを完全子会社化

2013 7

株式会社エムエムネットを吸収合併

株式会社ファーマホールディング、阪神調剤ホールディング株式会社と共同出資の上、株式会社H&Mを設立

2013 11

株式会社ファーマホールディングが株式会社トータル・メディカルサービスの株式を株式公開買付けにより98.96%取得し、同社及び同社の完全子会社である株式会社さくらフーズ、株式会社ケイエムを子会社化

2015 1

芙蓉総合リース株式会社と戦略的包括提携

2015 3

株式会社綜合臨床ホールディングス(現株式会社EP綜合)と業務提携

2015 4

株式会社イーエムシステムズと業務提携

2015 5

株式会社綜合臨床ホールディングス(現株式会社EP綜合)と資本提携

2015 6

薬樹株式会社と業務提携

2016 5

株式会社ファーマホールディングが株式会社ひまわり看護ステーションの株式を100%取得し、訪問看護事業を開始

2016 10

株式会社ズーと業務提携

2017 1

株式会社キャリアブレインと業務提携

2017 5

オークラ情報システム株式会社と業務提携

2017 6

株式会社エスエムオーメディシスを株式譲渡により非子会社化

2017 10

株式会社システム・フォー、株式会社ファーマホールディング及び株式会社日本レーベンを吸収合併

2018 1

株式会社アポテック(現株式会社なの花東北)の株式を100%取得し子会社化

株式会社ポラリスと業務提携

2018 2

株式会社フェルゼンファーマがダイト株式会社と業務提携

2018 6

株式会社フェルゼンファーマが後発医薬品の販売を開始

2019 1

株式会社永冨調剤薬局の株式を100%取得し子会社化

2019 4

株式会社A-システムを吸収合併